パーソナルトレーニングの食事制限ってどんな感じ?期間は?

pixta_21117948_S

パーソナルトレーニングのなかには食事制限や食事指導を行うこともあります。ダイエットが目標の場合は特に欠かせないでしょう。どういった食事制限をどれくらいの期間行うのでしょうか。
今回はパーソナルトレーニングの食事制限について説明します。

パーソナルトレーニングの食事制限とは

パーソナルトレーニングをはじめると、大抵の場合はパーソナルトレーナーから食事制限あるいは食事指導をするようにいわれます。いきなり食事制限や食事指導をはじめると言われるとびっくりしますが、人間にとってトレーニングと同じかそれ以上に食事は重要なことです。せっかくトレーニングを頑張っても、栄養価が偏っていたり、不足していたりする適当な食事では水の泡になってしまうことが多いのです。
そのため、パーソナルトレーニングジムを利用するとトレーニング効果を最大限に引き出すために、食事に関しての指導や制限を行われます。

食事制限、食事指導の種類

食事制限や食事指導といっても様々なタイプがあります。パーソナルトレーナーによって変わってくる場合やジム全体で決まっている場合もあるため、一概にはいえませんが次のようなタイプがあります。

  • ノートに記入するタイプ

日記のようにその日に食べたものをノートに記入していくタイプです。食べたものカロリーなども記載すれば、自分が日々どれだけものをどれくらい食べているのかが視覚化できるので効果的です。

  • メールを送るタイプ

その日の食事の写真を撮って、その写真を添付したメールをパーソナルトレーナーに送ることで、逐一アドバイスをもらうタイプです。大手のパーソナルトレーニングジムが徹底して行っているのが有名なので、知っている人も多いかもしれません。ジムにいるとき以外もモチベーションや緊張感をもちながら生活でき、パーソナルトレーナーからのアドバイスですぐに改善できるので一番効果が期待できます。

  • 報告をしないタイプ

食事に関しての報告をあまり重視しないタイプです。ジムにいるときなどにどういった食事を心がければいいかの指示があるため、わざわざ報告する必要がないという考えです。緊張感はないですが自己管理に繋がるため、トレーニング後のリバウンドの可能性が比較的低くなります。この他にも様々な食事制限や食事指導の形式が考案されています。トレーニングを無事に成功させるためにも、パーソナルトレーナーの指示にはしっかり従いましょう。

食事制限の期間

食事制限の期間は基本的にはトレーニングの全工程が終了するまでです。依頼人の目標が無事に達成できたらトレーニングは終了ですが、食事制限や食事指導で得た知識はトレーニングが終わっても役立ちます。しばらくは今までと同じように食事を続けることで、リバウンドの予防にもなります。

食事制限だけやるのは危険

トレーニングを特にせずに、食事制限だけをするのは大変危険とされています。ダイエットの簡単な方法でイメージしやすく、手軽に実行できるので食事制限を軽視しがちですが、体重の減少に伴って様々な弊害があらわれます。
まず、筋力や体力の低下がみられます。食事制限を行うと体はエネルギー不足なります。このときに不足分のエネルギーを補うために筋肉がエネルギーの材料になってしまいます。
筋肉の量が減少すると基礎代謝が低下し、エネルギーを消費する力も低下してしまいます。そんな状態で少し痩せたからといった食事制限をやめると、食事で得たエネルギーが消費しきれずに体内に蓄積されてしまい、痩せたはずだったのにいつのまにか太っているという状態になってしまいます。この他にも体調不良などの多くの弊害があるので自己判断だけの食事制限はやめましょう。

おわりに

パーソナルトレーニングの食事制限について説明しました。健康的なダイエットは素人考えではかなり難しいので、パーソナルトレーニングを利用して、健康的かつ効率よく痩せましょう。

行ってみようパーソナルトレーニングジム

投稿者: 行ってみようパーソナルトレーニングジム

セレブ層で人気だったパーソナルトレーニングが一般の人でも体験できるようになりました!今知っておきたいパーソナルトレーニングの常識!